肝臓の効力などについて学んでいました

肝臓などについて訓練しました。肝臓の機能の1つ目はエナジーの突発だ。物体の分離・組み合わせを活発に行うので、筋肉についで多くのエナジーを発生します。こういう高熱は、体内の発熱容量のうちの12%に当てはまる。2つ目は、毒消しだ。有害な物体を無害なものにする。3つ目は、古くさい赤血球の分離だ。ひ臓でも行われます。静脈は、ふつう細い血管がだんだんとより集まって厚くなり、心臓にもどります。しかし、肝臓やじん臓などではもう一度枝分かれして毛細血管を形作ります。そういうものを門鼓動といいます。総カギ管は、肝臓でつくられた胆汁が胆のうへ流れます。肝動脈は、酸素を多数ふくむ血が流れます。門鼓動は、養分を吸収した咀嚼管からの血が肝臓に送られます。肝静脈は、肝臓で各種化学やり方をされた血が、心臓にもどります。このようなことを覚えましたが、知らないことのほうが多かったので勉強して良かったなと思いました。タームがあれば復習目指すだ。エピレ

肝臓の効力などについて学んでいました