戦前に旧日本軍の犯した罪についての現日本の対応

韓国内の総領事館前に新たに従軍慰安婦像が設置されたことで、駐韓大使と総領事を一時帰国させたことで、韓国内でも二分されているようである。
ここで、旧日本軍の起こしたことについてどこまで今の日本国民が責任を負う必要があるのかが疑問になる。
当時の下級軍人も召集令状により強制的に集められた人たちである。
戦争を起こしたのも従軍慰安婦に関与したのも軍上層部である。
戦争という異常な事態の中での出来事であり、当時の日本国民は知りえないことばかりである。
旧日本軍のA級戦犯も処刑された。
新しい日本とすべてを切り離してはいけないとは思うが、そこまでの責任を負わなければならないとは思えない。
旧日本軍は、朝鮮半島や中国、東南アジアまで侵略を行っているので、根強い反対もある。
特に中国と韓国は、過去の日本軍の起こしたことを教科書などを用いて教育してきている。
これまでは、一時帰国させるようなことはなかったが、今回のようなことをするのは珍しい。
振り上げたこぶしを下すタイミングが難しくなったとは思うが、対話の機会を模索する必要もある。銀座カラー カウンセリング 施術

戦前に旧日本軍の犯した罪についての現日本の対応